鳥小屋視聴記 (aka 虜屋視聴記 ) ~ ヘッドフォンに関する好き嫌いレビューなど ~

これからヘッドフォン類を多数試用しようとしている人向けに「最短ルート」を提示すべく、レビューらしきものを作成…できるわけはありませんね。「良い・悪い」ではなく「好き・嫌い」の視点で書いてみようかと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Re: Q&A 一人遊び

(トラバ先:Q&A 一人遊び  [時間があればお読みください] )
(参考:Q&A 一人遊び (パクリ規格))

 ためごろうさんの記事をT.さんが「トラックバック企画」化されたようで。
 なにげにお二人の解答模様が面白くもあり興味深くもありましたので、私も参加させていただきます。
 
 




Q ヘッドホンの役割は?

A
 主に遮音。
 …とはいっても、耳栓では楽しくない。
 ゆえにヘッドフォンを掛けて、音楽を楽しみつつ…という感じです。
 「ハッキリ・くっきり・すっきり」な自己主張タイプの機種よりも、「目立ったところはないけれども、とにかく聞いていて疲れない」機種を求めてしまうのは、ここがそもそもの原因なのかもしれません。


Q 今の音に満足してる?

A
 いくらでもつまみ食いしてみたいのですが、先立つものが…(苦笑)。
 満ち足りるほどではないけれども、不足している感じもないかと。


Q まだ別のヘッドホン欲しい?

A
 公言したまま放置中の件が…orz
 そのほかについては、まだ買うかどうか決めていないです。


Q じゃあ、なんで今でも試聴したりするの?

A
 試聴…ヘッドフォンナビさんからお借りしたことがあります。
 あとは、近くのヨドバシカメラで少々(頼まれもの限定)。
 欲しいと思った機種に関しては、大抵が試聴できる環境が近場にないので、レビューを見て決めるorカンで決めています。


Q オーディオには興味ある?

A
 高価な機器については、ほとんど興味がわきません(手が届かないから見てるだけ、という感じです)。
 一方でヘッドフォンは、それなりの価格で手が届いてしまいますから…(以下略


Q 次にオーディオ機器を買うとしたら何を買う?

A
 ・DAC(たぶんONKYO/SE-U55GXをふたつ)
 ・マイクロフォン(機種は決めていない)
 ・NIRO SOUND DIFFUSER


Q それはなぜ?

A
 まだなんのために買うかすら決めていない(えっ?)。
 (目的があって購入することなど稀なもので^^;)


Q オーディオアクセサリーには興味ある?

A
 電線病を患ったことがない(=変えても違いを聞き取れない)ので、今のままであればたぶんアクセサリ関係には手を出さない…はず。


Q 音楽は何を聴くの?

A
 学生時代に買いためたCDが主。


Q 具体的に良く聴く曲は?

A
 全てランダム演奏なので…わかりません^^;
 聴いていて印象に残る曲は、やはりJ-POPSですけれども。


Q ・・・もっと違う音楽は聴かないの?

A
 聴かないですね…
 「始めに聴きたい音楽がありき」で、それを満たすために機器を探し回ったようなものですから。


Q ヘッドホンで密閉型と開放型、どっちが好き?

A
 何となく開放型を選ぶ傾向が強いです。


Q それはなぜ?

A
 理由は特にないかも。
 ああ、単純に「今まで買った中では」あまり良いものがなかったから…という、もっともらしい理由がありました。


Q ダイナミック型とコンデンサー型では?

A
 普段はダイナミック型。
 聴き込みたいときにはコンデンサ型(最近滅多にないのですが…)。


Q それはなぜ?

A
 機器の設置場所と、普段の住み処が異なる場合が多いからです。
 STAX/Classic-Iは寝室にあるので、起きがけか寝る前に聴く場合がほとんど。
 その他の場所では、自然と(持ち運びしやすい)ダイナミック型になります。


Q 改造はしないの?

A
 元に戻すだけの技量がついてから、試してみたいな…と。


Q 手持ちのヘッドホン一つだけ残すとしたら?

A
 STAX/Classic-I。


Q それはなぜ?

A
 聴いていて落ち着く…というのが一番大きいです。


Q それ以外だったら?

A
 Fostex/T50RP。


Q それはなぜ?

A
 STAX/Classic-Iの代用品として。
 音質を理由にして選んでいるわけではない(=発声原理に惹かれて使っている)ので、ほかに「安価な」代替可能な製品がないのです。


Q 次に買うとしたらどのヘッドホン?

A
 ・EtymoticReserch/ER-4Pと、4P→4Sケーブル。
 …って、何ヶ月前から同じ事言ってるんですか私はorz


Q ばか?

A
 多分そうだと思います^^;




 うーん…ほんとに一人遊びになってしまいましたorz
 アアドウスレバ。
スポンサーサイト

Ultrasone Proline 2500 と Fostex T-50rp の比較をしてみるテスト。

 当家にはそもそも「真っ当な比較環境」がある気がしていないので、とりあえず手元環境で出来うる、とりあえずまともそうな方法を採ることにしてみました。

 CDT:ノートPC (Toshiba Dynabook C8/213LMEW)
   (↓USBパスパワード接続)
 DAC:ONKYO SE-U55X (クロック精度はPCに依存)
   (↓市販の無名RCAピンケーブル)
 HPA:AudioTechnica AT-HA20 (手製ターミネータなし)
   (↓ヘッドフォン付属のケーブル)
 HP:Ultrasone Proline 2500 + 付属変換アダプタ
 HP:Fostex T-50rp

 


 まずは前回問題として書いた「AudioTechnica AT-HA20」のノイズに関する件について。
 上流機器をノートPCの「ヘッドフォン出力」とするよりも、DACのONKYO SE-U55Xを用いる方が、(当然ながら)ノイズはかなり少なくなりました。また、(ある意味予想通りなのですが)例の「手製ターミネータ」を用いても、今回環境でのノイズを減らす効果は得られませんでした。

 しかしながら、この構成でも可聴帯域のホワイトノイズは乗ったままとなってしまいますね…ONKYO SE-U55Xの電源を切ったままで接続した状態では、AudioTechnica AT-HA20を単独(端子解放まま)にしたときと同じく静かな状態でしたから、機器の組み合わせなどが原因なのかもしれません。
 両者の公称S/N比は次の通りです。
  ONKYO SE-U55X…S/N比110dB(LINE OUT)
  AudioTechnica AT-HA20…90dB以上(JIS-A)
 単純に考えるわけにはいかないところはありますが、少なくともヘッドフォンアンプ側のノイズが目立って聞こえている…という事は、間違いなさそうです。
 表題のヘッドフォン2点を使用する限り、フルボリウム状態では両方ともにノイズを聞くことが出来ます。唯一の救いは、ボリウムを絞れば絞った分だけホワイトノイズも減る(常時出るノイズはかなり少ない)ことですね。
 もちろん、ノイズがよく聞こえるのはProline2500の方なのですが、T-50rpを用いたとしてもノイズが聞こえること自体に変わりはありませんので、この組み合わせでノイズを減らそうとすると、「ホワイトノイズが聞こえなくなるまで、ボリウムをそれなりに絞る」しかなさそうです。
 (私の場合は)フルボリウムで演奏することなどあり得ませんから、実用的には問題ない気もします。

 


 Ultrasone Proline 2500 と Fostex T-50rp の違いを表現しようとすると、一番の違いは「音源に対する近さ」なのかもしれません。

 Ultrasone Proline 2500 は高音域も低音域もハッキリと強調されていて、開放型にありがちなスカスカとした感じがほとんどどありません。
 ちょうど、マイクを設置するべき位置に、マイクスタンドの替わりにに自分が立って聞いているかの様な、そんな印象すら受けるバランスだと感じます。
 マイクを何本も立てて、ミクサでアレコレ弄っているソースを聴くよりも、ダミーヘッドなりステレオマイクなりで録音しているものを聴く方が、より良さそうです。

 ソースをそのままで、もう少しおとなしめに聴きたい…という場合は、DolbyHeadphoneを使うという手もありそう。
 (DH自体は、DVDソフトウエアプレーヤと、ヘッドフォンアンプの一部に対応品がありますね)
 PCM2chソースにおけるDHは、ほんの少し高音域を少なくする効果があるようにも思いますが、私にとってはこれでもまだ少々きつめに感じます。
 一方で、Dolby5.1chトラックの様に「音質悪め・高音域少なめ」のソースをDHに通して Ultrasone Proline 2500 で聴くと、これが結構しっくり来ますね。
 DH対応環境と Ultrasone Proline 2500 を持っている方(…っていらっしゃるかどうか不明ですが)には、一度試していただきたいかも。




 さて、対象機器としている Fostex T-50rp ですが…こちらは何度か書いている(?)通りに、低音域も高音域もダラ下がりです。
 音質については Ultrasone Proline 2500 と比べるべくもなく…という感じですので割愛するとして、 Fostex T-50rp は音源から1m程度離れた感じのバランスで鳴っているといったところでしょうか。
 もちろん「頭内定位のくせにそんなバランスで鳴っている」のですから、違和感はかなりあるわけですが、刺激的な音が好みでない人には、この方が向いているかも…と思わせる部分があります。




 装着感ですが…どちらも長時間装着していると、頭頂部に痛みを感じるほどに重く、頭側部に感じる圧迫感も強いです。
 両者ともに、もうすこしヘッドバンド周りを軽く作ってあればかなり良い線を行っているはずなのですが…少なくとも、 Sennheise HD590 くらいには軽くして欲しいな、というのが正直な感想で。

 Fostex T-50rp の側圧に関しては、張り切ってヘッドバンドに力を加えてやれば、ゼロ側圧にすることも可能です。低音の逃げる量と相談しながら、適当に曲げてみるという手も。
 同じく頭頂部に掛かる圧力に関しては…重みを分散させればいいので、これは(見た目がやばくならない程度に)ヘッドバンドにエアパッキン(梱包用のプチプチ)を巻き付けるなり、スポンジなどを固定するしかなさそうです。
 どちらも対症療法でしかない点は悔しいのですが、何もせずに辛いままで聴くよりは良いかな…ということで。

 


 …と、結局またレビューになっていない気がしますが、ひとまず。

鳥小屋側、ひとまず査読完了。

現状:
 Proline2500、及びAT-HA20に関しては、再度記事の書き直しを要する様です。


Proline2500メモ
 「本当に初心者にお勧めしてはダメなのか(注意事項さえ伝えれば、何ら問題なく楽しめるのではないか)?」
 「再追試を要する…特に、AT-HA20あたりを使うとか」
 「そもそも当家環境では、おそらく本領を発揮できていないはず…という点についての言及が不足しているかもしれない」


AT-HA20メモ
 「そもそもAT-HA20は、入力端ショートではほぼ雑音を発しない」
 「どの組み合わせで雑音が可聴量まで増加するかが検証できていない」
 「【その辺のPC×ONKYO/SE-U55X×AT-HA20×T-50rp×自分の耳】の接続では、極少量のノイズが乗るのみ…外部環境の騒音・上流機器側の設計・ヘッドフォンの出力特性によって、ノイズの量や質は変わってくるはず」
 「そもそもあの記事もどきが【ライン出力ではなく、ヘッドフォン出力によるものである】という、基本的なことが伝わっていない恐れすらありそう」


訂正方法:
 本記事をパッチとし、メモを記事化する際に再度査読し直します。


備考:
 そのほか、もしお気づきの点がありましたら、おしらせいただけますと助かります。
 また、これから「雑記/えもじならべあそび」の査読へと移行します。

「雑記/えもじならべあそび」「鳥小屋視聴記」両方の更新を明示的に停止、全記事の査読を行います。

(言及先:実に辛辣(しんらつ)な意見をいただきました。)
 http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2005/06/post_f352.html
(共通記事:「雑記/えもじならべあそび:new」「鳥小屋視聴記:new」)
 http://d.hatena.ne.jp/maple_magician/20050701/1120187452
 http://torikoya.blog11.fc2.com/blog-entry-8.html

 先日「えもじな~」にて記事を書きましたとおり、「パソコントラブル出張修理・サポート日記」さんより、「えもじな~」内での(トンデモな)記事に関する(非常に適切な)ご指摘を頂きました。


 元となったトンデモ記事はこちら(既に取消線付加済み)です。
 http://d.hatena.ne.jp/maple_magician/20050612/1118567596
 http://d.hatena.ne.jp/maple_magician/20050612/1118567596
 頂きました指摘内容はこちらです。
 http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2005/06/post_f352.html
 ご指摘を頂いてから書いた記事はこちらです。
 http://d.hatena.ne.jp/maple_magician/20050630/1120105622


 頂きましたご指摘内容を読ませていただき、私としては
  「そもそも該当記事のみではなく、サイト全体に渡って記事内容を点検し、必要ならば取消線訂正を掛ける必要がある」
という認識に至りました。


 そもそも本件は
  「トンデモ記事を掲示したあげくに、そのまま放置していたこと」
そのものが原因でして、当然同様の
  「お読みになった方が、記事を原因として気分を悪くされる」
記事が、まだどこかに残存しているかもしれません。


 現在に至るまでそれを放置してしまった事については、他の誰でもなく私が悪いわけでして、私としては、このような状況を放置したまま記事を書き続けることが出来ません。


 そのため、「雑記/えもじならべあそび」「鳥小屋視聴記」の両方を一旦更新停止し、記事を一通り査読し直すことにしました。
 査読期間中も、本来のblogとしての機能は全てそのまま生かしておき、オンラインで取消線付加、および訂正理由の掲示を行います。


 もし、「雑記/えもじならべあそび」「鳥小屋視聴記」の記事中にトンデモな内容が含まれている(主観的に見てイヤだとお感じになられた)記事がありましたら、どうかお教えいただけますでしょうか。
 既に暗示的言及をされている方がいらっしゃるかもしれませんので、記事削除そのものは行うことが出来ませんが、取消線付加による訂正を行わせていただきます。


 また、「雑記/えもじならべあそび」「鳥小屋視聴記」の記事に関して言及いただきました場合については、blogベースのシステムをご利用でしたら、可能な限り明示的なトラックバックを行っていただけますと助かります。
 ごく稀に、こちらからリファラを辿って「言及いただいている記事」を拝見することがあるのですが、明示的トラックバックを頂いていないがために「コメントさせていただいて良いものかと迷う」事や、「その記事を元に訂正記事を起こして良いものかと迷う」事があり、非常に迷いつつ進行しています。


 ご指摘を頂く度に「あれやこれやと騒ぐ(大げさに記事訂正などをしてしまう)」のは、正直言って私の悪い癖なのですが、これは「私がblogで記事を書いていく上で、自らに課した責任」ですので、その点についてはどうかお気になさらず、できる限りトラックバック・コメントを頂けると嬉しいです。


 実名を出すことなくハンドルネームで物事を記す以上は、記事の質に関しては日々必要以上十二分に見直さなければなりませんし(訂正すべきところはすぐさま直すことも含めて)、おかしな表現は可能な限り避けなければなりません。それがハンドルネームを使い続ける者にとっての「宿命」ですので。
 そして、今回私は、この基本的な部分を遵守することが出来ず、「パソコントラブル出張修理・サポート日記」さんに対しご迷惑をおかけしてしまう結果となりました。


 私としては、該当記事を修正するのみで、後は単に謝って済む…という問題とは捉えることが出来ません。
 今回ご指摘いただいた事柄以外にも、まだまだ両blogの中には「トンデモな記事」が眠っている可能性があり、それを読まれた方の気分を害する可能性がありますので…。


 今回は御指摘いただいてからの修正となってしまい、誠に申し訳ありませんでした。
 日頃の注意程度では、こういったトンデモな記事を確実かつ完全に抑止することが出来ませんが(現状ですら、見かけとは裏腹にびくびくしつつ記事を書いている状況ですので…)、これからも可能な限り
  「そもそもそういう記事を書こうとしない」
  「寝かせるべき記事は寝かせる」
  「おかしな記事だと気づいた時点で確実に修正する」
を実行すると共に、
  「御指摘を頂いた場合は、類似する内容までも含めて査読し直し、必要な箇所の取消線付加・追記訂正を行う」
という、従来より行っている訂正手段を、継続して行う様に致します。


 例:「雑記/えもじならべあそび」における訂正項目
  http://d.hatena.ne.jp/maple_magician/searchdiary?word=%2a%5b%c4%fb%c0%b5%5d


 また、私が見ただけでは気づけない(人によって感じ方が違う)不適当な記事もあるかと思われます。その場合も、どうかご遠慮なくお知らせ下さいませ。


 なお、本記事をお読みになられた方は、決して「パソコントラブル出張修理・サポート日記」さんの該当記事に対して、トラックバック・コメントなどはなさらぬよう、重ねてお願いいたします。
 本件においては、後にも先にも悪いのは私一人でして、「パソコントラブル出張修理・サポート日記」さんには当然一切の否はありません。悪いのは私一人だけです。


 なお、修正期間中においては、トラックバック・コメントを頂いても応答しづらい可能性がありますが、可能な限り応答できるように努力させていただきます。
 もしも妙な記事を発見されましたら、該当記事のコメント欄にてその旨お知らせ下さいませ。
 また、「具体的な記事名などは解らないが、○○な感じのヤな記事があった」という場合につきましては、本記事のコメント欄もしくはトラックバックにてお知らせいただければ幸いです。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。