鳥小屋視聴記 (aka 虜屋視聴記 ) ~ ヘッドフォンに関する好き嫌いレビューなど ~

これからヘッドフォン類を多数試用しようとしている人向けに「最短ルート」を提示すべく、レビューらしきものを作成…できるわけはありませんね。「良い・悪い」ではなく「好き・嫌い」の視点で書いてみようかと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ultrasone Proline2500の内部写真

 どうにも見た目と音がマッチせずに悩んでいたので、Proline2500のULEプレートを外して写真を撮ってみました。
 以前Fostex/T-50rpについてもアンマッチで悩んでいて、分解して仕掛けを見てからはその違和感が無くなった…という事がありましたので、もしかするとProline2500についても「開ければ解る」のではないかな、と言う気がしたものですから。


 ※写真をクリックすると、幅1024pxに拡大して表示されます。


Ultrasone Proline 2500 内部写真 発音体とダイオード

 一枚目、発音体とダイオード部を撮影。


 ダイオード部の接続はカソード同士を撚り合わせて、一方のアノードをグランド側に・もう一方のアノードをシグナル側にと接続した物となっています。
 ESD保護用ツェナー・ダイオードっぽい気もしますが、実際にどういうモノを使っているのかは不明です(テスタを当てて図ってみましたが、ダイオードであるということ以上の発見はありませんでした)。
 実際の挙動としては「過大入力があった場合に、超過電圧をダイオード経由でグランドに落とす(ハードクリップさせてでも、大きすぎる音を音声として出力しない)」あたりだと思うのですが、過大入力がない場合に音質に与える影響があるかどうかについては不明ですね。
 まずは「耳を過大入力から守る」という意味では確実に役立ちそうで、この点は好感を持てて良い感じがします。


 次は発音体部。
 発音体の裏にはいくつも穴が開いていて、通常のヘッドフォンでは全ての穴から振動膜が見えます。
 が、Proline2500の場合はほとんどが白い繊維状のシートによって疎にふさがれていて、穴一つ分だけが完全解放となっています。
 外見からは完全解放に近く見えるProline2500が、なぜ開放型に見えるのに(密閉型に近い)豊かな低音を出せるのか?という理由が、このあたりに見て取れるというのは面白いですね。
 実際「見た感じと音が違う」というギャップがあって困っていたのですが、これを見て「ようやく見た感じと音のギャップが無くなった」気がしました。
 発音体の近くでは半開放型・その裏は全開放型…というのが、Proline2500の帯域設計に深く関わっているようです。
 この構造を見ると、Proline2500に関しては「全開放型」ではなく「半開放型」と説明する方が、より正しい説明が可能なのかもしれません。
 全開放型でこの音は嘘だろ~とか思う人がいたならば、そのカンはまさに正しい、ということで。わたし自身は、これを見てようやく「ああ、だからこういう鳴り方をするのか。」と納得できました。


 Ultrasone Proline 2500 内部写真 発音体とダイオードとコネクタ裏

 ついでにコネクタ裏も含めて撮影してみました。
 こちらは…特に大きな発見は無し。


 役に立つかどうかは不明ですが、とりあえずこんな感じで。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。