鳥小屋視聴記 (aka 虜屋視聴記 ) ~ ヘッドフォンに関する好き嫌いレビューなど ~

これからヘッドフォン類を多数試用しようとしている人向けに「最短ルート」を提示すべく、レビューらしきものを作成…できるわけはありませんね。「良い・悪い」ではなく「好き・嫌い」の視点で書いてみようかと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安物買いの銭失い…?

 Shure E2断線を機に使わなくなってしまった「携帯HDDプレーヤのCreative NOMAD MuVo2」を放置したまま、OggVorbisが再生可能なプレーヤを探していました。
 個人的にMuVo2は扱いやすくて良かった(ボタンが分散されているよりはメニュー式の方が好き。でもホールドボタンだけは独立していて欲しかった…orz)のですが、OggVorbisが再生できないというのが非常に困っていまして、結局新しいプレーヤに手を出してしまいました。


 とはいえ、私が「自力で情報収集して」買うものですから「ピントがずれている」のは当然…ということで、結局選んだのはコレ。
 高電社 Woodi WD-S1-256-WH [USBフラッシュメモリデジタルオーディオプレーヤ 256MB]
 高電社 Woodi WD-S1-256-WH [USBフラッシュメモリデジタルオーディオプレーヤ 256MB]



 選定基準も結構アレです。
・(充電・通信共用として)USBのAコネクタ付き、PCに直差し可能。
・OggVorbisのQ1~Q10が再生可能。
・(テスト用なので)容量は気にしない。転送速度も気にしない。演奏可能時間も気にしない。
・価格は\10k未満。
・重量は50g未満。
 うーん、OggVorbisのテスト後には使わないだろうな…という感じがモロに出ていますね^^;。
 時代がiPod nanoに流れているさなかに、私はそれに目もくれずに(…嘘です。購入ボタンを押しそうになりましたが、あえて押さえて^^;)選んでみました。


 さて、実際に使ってみると…やっぱり微妙かも。
 動作時のノイズは、MuVo2とほとんど変わらないですね…電源断後にすぐ電源を投入する場合を除き、起動時にポップノイズが入ってしまう点は、両者ともに同じでした。
 曲替え時の待ち時間は、メモリ式だけあってMuVo2の様なもたつき感を感じません。これはとても良いですね…MuVo2のシーク待ちに関してはちょっと許せないものがあったので(とは言っても1秒強なのですが)、これが無いというのは結構良さ気。


 と、ここまでは良いのですが。
 ええと…基本的に「ボタンが無駄に多い」辺りが気に掛かります。
 ボイスレコーダとして使うには有用な「録音・A-Bリピート」ボタンですが、コレを使う気がない人にとっては無用の長物かも。他の機能(特にEqualizer/再生順序切り替え)に振り分けできると良かったのですが、そういう振替機能はないらしく。
 また、センタボタン付きカーソルキーの操作性も良くありません。
 ・センタボタン短押し時の操作系は「左右で機能選択・上下でパラメータ変更・センタボタンで戻る・再生ボタンは効かない」。
 ・センタボタン長押し時の操作系は「センタボタンでメニュー階層降りる・下と再生ボタンは効かない・上でメニュー階層昇る・左右で機能選択」。
 ・FMキー短押しでファイルメニュー、メニュー内では何故か右でフォルダ階層昇る(フォルダツリーが表示されているのだから、フツーは左でしょ)、かといって左を押してもフォルダを降りたり選択できたりはしない。センタキー短押しで選択、センタキー長押しで削除。
 ・録音キー短押しで録音開始、録音キー長押しで録音モードに移行&メニュー表示。再び録音キー長押しで再生モードに戻る(再生ボタンでは戻れない)。
 ・A-Bキー長押しでミニゲームが3つ…ってOEL液晶で延々ゲームをやるのは、電池消費量の面から無謀ではないかと。
 ・再生キー長押しで電源On/Off…ところが電源アイコンは描かれていない。
 ・FMラジオ再生時は音量表示が6本のバー常時表示のみ、音声ファイル再生時は音量操作時に音声スライダが出る&最下行にVolume:○○という数字表示が出る…と、表現に一貫性がない。
 ・(OEL液晶を使っているとはいえ)スクリーンセーバーは不要では?スクリーンOffと反転表示を別の項目で設定するのは何故?
 …とまあ、使っていて思わず「???」となるほどに統一感のない操作性を取っています(MuVo2は「上下キーは音量操作」の規則が徹底されていて、混乱することはない)。
 マニュアルを見る場合は「P9:各部の名称・ボタン」は見ずに(コレを見ると余計に混乱する)、とりあえず「P20:基本使用方法」からご覧ください。


 付属のイヤホンは…製品クォリティには合っているかな、と。MuVo2付属のもの(低音がブーミーに聞こえるだけ)と比べれば素直で良い気が。ただし、「音量を上げないと真っ当に聞こえない」という点では変わりないので、そのまま使うのはあまりお勧めしたくないですね。
 それと、付属の透明なガードカバーは…マチが不足していてボタンを閉じにくいです。ボタン位置が後数ミリずれていれば問題ないわけで、たぶん設計ミスだろうな…と。


 製品自体の音質は…うーん、正直言って「別にこれでも良いんじゃねーの?」という感じが。ポップスを聴く程度ならば、まず問題は発生しないかと。
 MuVo2と聞き比べてみると「若干高音域がクリアに聞こえる」気もするのですが、単にイコライザのデフォルトが弄られているだけ(付属イヤホンに合わせただけ)っぽい気もします。
 ただし、ラジオ部分に関しては「低音に合わせてノイズが乗る」という状況で、お世辞にも真っ当とは言えないですね…ラジオ機能を優先するならば、PLL付きの「単機能ラジオ」を選択する方が遙かにマシだと思います。


 OggVorbis対応、これは良い感じです。
 最近はOggVorbisの160kbps/VBRでしかエンコードしないので(昔は午後のこ~だによるMP3の160kbps/VBRがお気に入りでした)、これがそのまま再生できるというのは便利ですね。
 WMAは…うーん、将来Linuxにも曲を持ち込むことを考えているので、できる限り制限の緩いフォーマットを使いたいんですよね…そういうわけで、音質面ではなく技術的問題を理由としてWMAは使っていなかったりします。


 表示される文字フォントに関しては…さすがはKoreanQuality?ちょっと疑問が。
 特に音楽の「楽」が崩れていたりする点はショックでした…他の表示はだいたい良いだけに、ここで一気に意気消沈しましたorz


 総じて「価格なり」のスペックは持っている気がしました。
 512MB版も同じ音質だろうな…ということを考えると、あちらに食指が伸びることはなさそうなのですが^^;、256MB版に限って言えば、コストパフォーマンスは良好だと思います。


 さて、次はaoTuVとβ版OggVorbisエンコーダ間での試聴テストにするか、あるいは速攻でE4c/ER4pの比較をするか…と、ちょっと迷っていたり。 【“安物買いの銭失い…?”の続きを読む】
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。