鳥小屋視聴記 (aka 虜屋視聴記 ) ~ ヘッドフォンに関する好き嫌いレビューなど ~

これからヘッドフォン類を多数試用しようとしている人向けに「最短ルート」を提示すべく、レビューらしきものを作成…できるわけはありませんね。「良い・悪い」ではなく「好き・嫌い」の視点で書いてみようかと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ER20、E4c、ER4pの写真をアップロード…兼メモ。

 さて、お得意の写真貼りだけで済ませようかと思ったのですが^^;、気付いたことも少しあったので、その辺をメモしておきます。
 大きなサイズの写真で掲示します(総計1.6MB/22枚)ので、その点ご注意ください。
 なお、写真はER20→E4c→ER4pの順に載せています…耳栓なんか見る必要ないよ!という方は、写真2枚目~6枚目を飛ばして見てださい。
 ついでに、「開封することが一番の楽しみ!」という方は、絶対に下の写真を見ないようにしてください!見てしまって開封する楽しみを削がれたとしても、責任は取れませんので…。

 PA755(Shureシリーズ用三段傘)とER4-14(ER4シリーズ用三段傘)

 まずはお馴染みの三段傘(トリプルフランジ)チップ。
 Sleeves表示下にあるのがPA755(Shureシリーズ用三段傘)、その隣に転がっているのがER4-14(ER4シリーズ用三段傘)です。
 この二つが、どう違うのかという点が気になって並べてみました。
 ええと…軸の長さが違う、というかPA755の軸を根本付近から切ったものがER4-14なのかも(ER4-14の軸切断長はひとつひとつバラバラなので、後加工で軸を切っていることは明らか)。
 それ以外に違いはなさそうです。

 三段傘としてはER4-14の方が明らかに安価なので共用したい所ですが、実際にER4-14をE4cに挿してみると「(軸がほぼ全て除去されているので)三段目の傘がドライバハウジングに干渉しかねない(人によっては気になるかも)」点は気に掛かりますね…私が使ってみた感じでは特に気になりませんでしたから、意外と多くの方にとって問題ないのかもしれませんが。
 もっとも、E4c標準の一段傘と比較して遮音性は良い(Shure/E2の黄色スポンジに近い遮音性が得られる)ので、三段傘が耳に合う人にとっては結構良いのではないかと。
 音道の長さによる違い(軸を切りつめたER4-14と、軸をそのまま残したPA755)の違いに関しては後々検証する予定ですが、たぶん違いを見知することはできないだろうな…と感じています。

 E4cとER4p(の太い部分)では軸径がほぼ同じ(E4cがほんの少し大きい)で軸長さも似ているので、概ね両者の消耗品は共用できそうです。
 もちろんメーカー側ではそれらを用いた測定などは行っていないはずですから、あくまでも自己責任の範囲内において使用することとなりそうです。
 手元でテストした限りではこんな感じでした。
・E4c (≒E1/E3/E5)
→ER4-14F(黒長スポンジ): きちんと使える。ただし若干緩い気も。長すぎる点が個人的にはキライ。
→ER4-14(短軸三段傘): 上記記述通り、三段目の傘が多少干渉する程度で、特に問題なく使える。
・ER-4P (=ER-4S/ER-4B)
→PA755(長軸三段傘): 長すぎてちょっとアレかも…もちろん装着できる。
→PA758M(超軟一段傘): 問題なく使える。付け外し時は三段傘よりもゆっくりする方が良いと思う(柔らかすぎてギリギリまで密着しようとするので)。
→PA756M(堅一段傘): 問題なく使える「と思う」。個人的には大嫌い(E2ではこの素材感がイヤでたまらなかった…)。
 うーん…もしかして、これからは「ER-4シリーズにShureの超軟一段傘」という組み合わせもアリかな?遮音性は劣るし音質的にも少々クリアさを削ぐ要素はあるものの、装着感の良さは捨てがたい魅力ですからね。


 …って長くなりすぎましたな^^;
 次に行きます。
ER20耳栓・未開封

 ER20耳栓、未開封状態です。天部にはヒートシールで封緘がなされています。
 ハンガリングとヒートシールと切れ目が同一ライン上にあります…未開封証明のためにヒートシールをしているようで、密封することそのものが目的ではないようです。

 ER20・開封し損ね

 切り目とヒートシール部が同一ライン上にあるので、切り目から切っても上手く開封できません(泣)。
 シールはもっと上、もしくは切れ目はもっと下に付けましょうよ>Etymotic Researchさま。

 ER20・中身一覧

 ER20の部品一覧です。
 保護ケースはPA756M(堅一段傘)よりも少し堅いくらいのケースになっていています。
 一般のプラスチック熱接着な包装物(Shure/E2のパッケージとか)とは異なり、何度でも開け閉めできます。長辺側両端を持って押しつぶすか、長辺側中央をこじると簡単に開きます。ワイヤを通す穴も開いているので、ネックストラップなどを付ければ首からぶら下げることも容易かな、と。
 ちなみに「12」という数字がマニュアル表面に大きく載っているとおり、保証減衰性能は12dBの様です。
 下部の表は安全時間を示しています。たとえば「ロックコンサート(112dB SPL)…直で聴く場合:5mins、ER20使用時:1.25hrs」とかいう感じの表です。

ER20・本体拡大

 ER20の本体です。PA755(長軸三段傘)が付いているのですが、消音器側の受け軸はえらく口径が大きく、どう引っ張っても取れそうにありません(極端にやると壊れそう&ちぎれそう&元に戻せなさそう)。
 PA755(長軸三段傘)やPA758M(超軟一段傘)に付け替えて使用するという使い方をするのは難しそうで、その点ではちょっと残念。

ER20・マニュアル

 マニュアル裏面です。
 減衰特性が描かれています…-12dB/125Hz~-20dB/1kHz~-21dB/4kHz~-24dB/8kHzといった感じのグラフになっています。

E4c外箱裏側

 E4cの外箱裏側です。正面はピントが合わずに撮影できませんでしたorz

E4c外箱側面

 E4cの外箱側面です。こういう写真を撮ってしまうのは♂の性なのかもしれず…うわごめんなさい3orz

E4c内箱側面

 中身を側面から取ってみました。次の写真と共にご覧ください。

E4c内箱天面

 Shureなりに頑張っているようにも見える、内箱天面です。

E4c中身一覧その1

 とりあえず中身をバラしてみます。

E4c中身一覧その2

 イヤホン収納用のケースに入っている部品を取り出してみました。
 E2c用ケースにはあった巻き線用ホイールが無くなっています(断線の原因になるから?)。ついでに表面素材も目の細かいものへと変更されているようです。
 有線の音量調整用ボリウムも付属しているようですが、妙にケーブルが短いです。果たしてこれで何に使うのやら…という感じ。

E4c日本語マニュアルその1

 サウンドハウスで添付した日本語マニュアル。
 A3紙二つ折りで計8ページと簡素なものですが、日本語マニュアルとしての最低要件は満たしているようで、これは良いサービスだと思います。
 他の代理店でも同じようなマニュアルは付くのか…その辺りは不明。

E4c日本語マニュアルその2

 中身を見てみましょう。
 フォームスリーブは使い捨て、他はアルコール消毒すれば使える…と。
 「新しい創傷治療」を見て出直してきた方が良いのでは…とかいうツッコミをしたいところなのですが、基本的には「アルコールで軽く拭くよりは、倍の時間を掛けて(音道を含めて)流水で洗い流す(異物を除去する)方がより綺麗になる」ので、流水で洗って陰干しする方が良いと思います(シリコン自体は気体を透過する程度に多孔性のため、完全に綺麗にはできませんけれども…)。
 ところで「フォームスリーブだけが使い捨て」「アルコール払拭必須」なんて書いたのは誰だ?と思い返してみたところ…それ書いたの私かもorz…虜屋側のE2レビューを一部書き直してきました。

E4c日本語マニュアルその3

 うーん…ER-20の説明とはだいぶ違うように思ったのですが、たしか二重基準だったような気も…細かいことは気にしないことに(イイノカソレデ)。

ER4P・外箱

 ER-4Pの外箱です。理由もなくシリアルナンバを隠していますが…気にしないでください(苦笑)。

ER4P・内箱

 お馴染みのケースです。

ER4P・中身

 キャリングポーチって、こんなカタチだったかなぁ…前にヘッドホン ナビさんからER-4Sを借りたときとは、ちっょと違うような気も…。

ER4P・マニュアル1

 マニュアルも新しくなってる…?

ER4P・マニュアル2

 この図を見る限り、ER-4PとER-4Sの違いって「ほんの2dB程度、1kHz未満が高い」位なんですね…実際に聴いた感じがどうなるかは別として。



ER4P・マニュアル3

 遮音性についてのあれこれ。
 ER4シリーズでは、黒くて長いフォームが-41dB・三段傘が-35dB…と。

ER4P・マニュアル4

 「応答確度」のグラフ…だそうです。



 とりあえず写真は貼り終えました。
 さて、レビューはいつになったら始まるやら…^^;




気になったリンクを張っておきます。

 「Shure E4はフィルタを交換できる」記事一番下。
 日本語訳マニュアルにはこんな事載ってないよー>Soundhouse
 とりあえずマニュアルのp2(ワックスガード)は書き換えて、ワックスガードの項目にはE4cの記述を書き足さないと。
 #というか、旧機種はワックスガードを交換できない仕様だと知って驚きました^^;
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。