鳥小屋視聴記 (aka 虜屋視聴記 ) ~ ヘッドフォンに関する好き嫌いレビューなど ~

これからヘッドフォン類を多数試用しようとしている人向けに「最短ルート」を提示すべく、レビューらしきものを作成…できるわけはありませんね。「良い・悪い」ではなく「好き・嫌い」の視点で書いてみようかと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次世代光ディスクは本当に高精細コンテンツを収容する能力があるのか……?

 T.さんの記事「徒然なるままに、駄文を書いてみる (HD DVD)」を拝見して、少しばかり私もこの件に関して書いてみることにしました。


 #PHSをW-ZERO3へと買い換えて「懐が寒くなった」から記事が書けない……などと少しばかり悩んでいたもので^^;、便乗させていただきます。


 放送コンテンツを録画するならば「放送されたままを(余計なを再変換をして品質が劣化しないように)そのまま記録するのが理想」なので、現行のHD DVDままでもおそらくは問題ないですね……ってそれは当然の話なので別問題か。


 現行のユーザが欲する音声環境というのは、おおむねCDクォリティ(圧縮音源以上、DVD-Audio未満)なのかもしれません。
 実用的には【ロスあり圧縮6Mbps+従来フォーマット1.5Mbps】の構成でも「大抵の人にとっては満足できる」のかもしれませんし、ロスレスでいく場合もCDクオリティであれば【3.16Mbps(16bit×44.1k×6ch×75%に圧縮)+従来フォーマット1.5Mbps】で実現できそうです。
 今時の人は圧縮音源に慣れていて、かつ「どう音が悪くなるのか・どう音に癖が付くのか」を体感で知っていることからすると、ストレスなしに鑑賞するための最低条件として「CDクォリティ・ロスレス圧縮」というのは、実は意外と真っ当な選択肢になりえるのではないかと思ってみたり(高規格圧縮音源と、CDクォリティ非圧縮音源の聴き比べをしたことが無いので、実際どうなるのかはわかりませんが)。
 個人的には、「贅沢に高規格音声フォーマットを使用・でも実はロスありの高圧縮で収録」という事態だけは避けて欲しいところで。


 もう一つ痛いのは映像サイズそのものでしょうか。
 現行DVDでは実効483×363pixel(ワイドテレビでの有効領域は483×272pixel)で、これに6~9Mbpsを割いている現行ですらも不満は噴出している……と。
 高精細フォーマットに目を向けてみると、一つは1280×720pixel(ピクセル数がSDTV比7.01倍)、もう一つは1920×1080pixel(ピクセル数がSDTV比15.78倍)となります。
 ところが現行の次世代ディスクでは現行DVD比で2~3倍の帯域幅しか確保できない可能性があるとなると、近い将来(おそらくは現行DVDに対する不満が出るまでの期間よりも短期間)にはまた「やっぱり画質が気になる……」という話が出てきそうだな……という気がします。人間の欲望は際限が無いですから。
 また、高精細フォーマットを採用するにしても「どちらのサイズを採用するか」は問題になりそうですね。
 両者は2:3のサイズ比なので相互変換は可能……そうすると、変換時のゆがみを防ぐためには「幅720pixelのモニタには720p/720iの画像が合う」「幅1080pixelのモニタには1080p/1080iの画像が合う」わけですが、一方では「(どうせ帯域幅は足りていないのだから、よりノイズが出難くなるように)コンテンツは720pで最適化して、2:3変換は(わざわざ1080p/1080iに対応する一部の高価な)テレビ側にお任せする方が、実はより綺麗だったりする」可能性も秘めているわけで。
 ここも音声と同じく「贅沢に高規格画像フォーマットを使用・でも実は高圧縮で収録」が本当に有効なのかどうかという点については、まだ未知数かな……と感じています。


 いずれにせよ、メディアの容量(身の丈)に合致するフォーマットが標準的に使われるようにと望みたいところです。
 数字上のスペックだけを追いかけて本質的なところを見逃してしまうのは企業の悪い癖とも言えるだけに、結構嫌な予感がするのですが……。


 ……と、良く知りもしないのに色々と書いてみました。
 (ここで書いた数字が確かである保証が無いのです)
 こんなネタをトラバしてしまってすみません……orz
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。