鳥小屋視聴記 (aka 虜屋視聴記 ) ~ ヘッドフォンに関する好き嫌いレビューなど ~

これからヘッドフォン類を多数試用しようとしている人向けに「最短ルート」を提示すべく、レビューらしきものを作成…できるわけはありませんね。「良い・悪い」ではなく「好き・嫌い」の視点で書いてみようかと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「メモ」 NIRO Vr05M-02 for NIRO REFERENCE

 ええと…だいぶ前に購入した気がする3ピース・ホームシアターシステムのNIRO REFERENCE(過去レビュー)について、バージョンアップ(Vr05M-02)後のメモを書いておこうかと。
 (というか、この先もたぶん「メモばっかり」になりそうな予感が^^;)


 今回のバージョンアップでは、(今まで2ch再生では使われていなかった)フロント・リアイメージ用スピーカも使って「より広がりのあるステレオイメージの再生を目指した」点が、もっとも大きな特徴…なのかも。
 ただし、元々箱鳴りのせいで「少しこもった感じの音は漏れていた」だけに、それをかき消す程度の音を混ぜたらだいぶイヤな感じになるのではなかろうか…という心配がありました。
 何しろ、コイツに元からあったProLogicII(フロント・リアイメージも使う)モードは「そこにスピーカの存在感があることをはっきりと示していて、聴いていて気持ち悪い」代物でしたから(注:私、こういう「ここにスピーカがありますよ!」と言わんがばかりの表現って、嫌いなんですよ…2ch環境でも音の広がりなんて無視して内向きセッティングにしてますし)、まさかバージョンアップで「そんな状態でしか聴けない」事態になってしまうのか…と、ちょっと心配になっていました。

 で、実際にやってみたところ…ちゃんとNewVerとNormalが切り替えできるようで、ひとまず安心した次第で。
 (これでNormalが使えなくなった日には、たぶん窓から投げ捨てていただろうな~…いや、やっぱりシンプルなモードって捨てがたい魅力がありますし)


 まだサラウンドソースで聴いたことはないので、全体的な評価はできそうにもないのですが、ひとまず2chソースで気づいた点について。

・とにかく騒がしい感じ。
 ここはどうにも…慣れるまでに時間が掛かります。
 元々部屋の角に置いていて、ステレオ感の狭さに嫌気がさしていたような人には良いのかもしれませんが…うーん、幅1m以上取れている様な環境だと、すんなり「良くなったね」とは言えない気もします。なんというか…リアイメージの音が遅れすぎなのかな。
 ※後日追記:この問題は解消されています(事後記事を参照)

・PL2の高音部をカットしただけ、かも。
 実際にはもう少し乖離具合は少ないのですが、ぱっと聴いた感じでは「PL2にローパスフィルタでも通したのかな?」という位に聞こえるわけで。
 高音部が無い分、スピーカの存在感は目立ちません(当たり前だってば)ので、PL2と比べればだいぶマシにはなっていますね。

 うーん…でも、一概にNewVerが良いとは言い切れません。
 もっとも、JPOPを聴いただけですから、他のソース(バイノーラル録音のやつとか、もう少し録音段階で弄っていない古いCDとか)を試してみないと、本当のとこは解りませんけれども。


 あっ、とりあえずNIRO SPA(プロセスアンプ)用にピッタリかも…というプレーヤを買ってみました。
 メムテック/MDP1600、6,800円(@yodobashi.com)、電源はACアダプタ式。
P1040618_500.jpg

 サイズはピッタリ!でもリモコンコードは全然合わないっぽい…
 そもそもMEMTEKってどこですか、と。MEMOREXのコード(136)では通らないのですが(ioi)。
 しかも、これの電源を入れているとTV側のFM受像にノイズがかなり乗るし…毎回主電源を切らなきゃダメか。
 #というか、画質悪すぎ(ブロックノイズ多すぎ)だろこれは…買わうべきではないなorz


 アアドウスレバ…
スポンサーサイト

コメント

では、代わりに選択肢を用意しましょう。

①窓から投げ捨てる。
②行政の定める区分に従って適切に捨てる。
③捨てるなんて勿体ない。→ヤフオクに流す。
どうぞ、好きなものをお選びください。(笑)

かえでさんはハズレ品に遭遇してしまったようですが、最近は安物のDVDプレーヤーも画質が良くなったようで、少し前にMpeg4対応の安物プレーヤーを買ったところ、古いVictorのもの(当時は他社のものより一段上の画質だった)よりキレイで本当に orz ←こういう格好をしました。
画質はチップ一つで決まってしまうものなのですね…。音は明らかにVictorの方が良いけれど、絵は明らかに安物プレーヤーの方が良いし…、というジレンマに陥っています。(大抵、絵が優先されます。)
プレーヤーを買い替えなくちゃいかんと思いつつも、いまさらSD画質のDVDプレーヤーに大枚払うのがバカらしくてほったらかしになっています。

  • 2005/06/04(土) 19:05:06 |
  • URL |
  • T. #mbwhQQ6o
  • [ 編集 ]

Victorもだめですか…

 おお、いらっしゃいませ~♪

 「まぁ、いまさらMPEGの復元品質が極端に悪いものなんて無いだろ。それに音声品質についてはデジタル出力を使うから関係ないし…」なんて甘い考えをして、見事に失敗しました^^;
 同じ考えでVictorのそれとどちらにするか迷っていたのですが、結局どっちを買っても同じ結末だったのかもしれず…むむむ、やっぱり下調べをしないとダメですね~orz

 素直にイニシャルP(pioneer/panasonic)から選んでおけば良かったな、と素直に反省中ですが、どちらにせよ「NIRO SPAと並べてピッタリなサイズ」のプレーヤってないんですよね…もう少し探してみようかと。

 ちなみに処分方法として、当初は「弟に譲る」というのもあったのですが(はじめは「小さいねー、Pioneerのプレーヤよりも良いじゃん」とか言っていた)、あまりのブロックノイズの多さに「…やっぱいらね。」と拒絶されてしまいました。

 ヤフオク案も考えてみましたが、取引時にメアドを見て「あ、虜屋の人ですか」とか速攻で気づかれるので、はたして出品してしまっても良いのだろうかと困っていたりもして。

 そうすると…やはり窓(以下略

54MHz/12bit以上の映像チップなら必要十分だと思いますが…

一応お断りしておきますが、「出てくるはずのない場所」ではブロックノイズは出てきませんよ。(笑)
Victorの画像処理チップが54MHz/12bit、安物の画像処理チップが108MHz/12bitなのですが、色の深みが全く違います。アニメですら色の違いに不満を抱くような違いなので、唖然とした次第です。(どちらも出力はプログレッシブ)

最近ディスプレイを以前より大きいものに替えたところ、「DVDのビットレートの限界」を感じるようになりました。「画面全体がゆっくりとスクロールする」シーンや「画面全体に炎が迫る」ようなシーンには、輪郭に微細なブロックノイズが見えてしまうことがあります。エンコーダーかデコーダーの責任なのかも知れませんが、SD画質でこれでは…。
果たして216MHz/14bit以上のプレーヤーを買うべきなのか…?

  • 2005/06/05(日) 02:54:19 |
  • URL |
  • T. #mbwhQQ6o
  • [ 編集 ]

あっ、なるほど。

 となると、MDP1600(10bit)がとりわけダメだ、というだけのようで。
 一応性能はDV-353(10bit27MHz)と似たような感じで、こちらは問題なかったのですが…うーん。

 うちの場合はそもそもプログレッシブ対応環境ではないですから、そもそもハイビットレートのビデオDACは要らんだろ…とか考えていましたが、そういう話を聞くと欲しくなってきます^^;

 画面全体が移り変わるシーンでのノイズは、デコーダ側を変えてもあまり変わらないかもしれませんね…元々のソース自体(エンコード時点)に問題がありそうな気がします。そもそもそういうシーンでは、表現に必要なビットレート自体が不足しているでしょうし。

 しかし、買って即日で失敗だと気づいた時ほどむなしいことはないです…弄り甲斐すらないです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://torikoya.blog11.fc2.com/tb.php/2-ffe8dc67
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。