鳥小屋視聴記 (aka 虜屋視聴記 ) ~ ヘッドフォンに関する好き嫌いレビューなど ~

これからヘッドフォン類を多数試用しようとしている人向けに「最短ルート」を提示すべく、レビューらしきものを作成…できるわけはありませんね。「良い・悪い」ではなく「好き・嫌い」の視点で書いてみようかと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「レビューのレビュー」および「レビューへのトラックバック」のお願い。

 せっかくblog版でやるのだから、blogでしかできないレビューの方法を探るべく考えてみました。


 まずは「レビューのレビュー」について。

 単純に、レビュー記事(メモ)に対してのレビューが欲しいよ~!という意味です。
 もちろんコメントでも構わないわけで、無理にトラックバックにする必要は全くないわけですが、逆にトラックバックにした方が良いなと思われた場合は、バンバントラックバックしていただけると嬉しいです。

 たとえば「ここのblog(or webpage)は某所の記事と違うけど、もう一度視点を変えて検証できないのか?」とか、そういう内容のものはトラックバックの方が良い場合があるかも…と思ったので、今のうちに宣言させていただきたく。


 次に「レビューへのトラックバック」について。
 あるレビュー記事に対して、別のレビュアによるレビューがトラックバックされていると便利かも…という事で。

 結局、今までのレビューサイトというのは「サイト単位のリンク」が主で、肝心の「レビュー単位のリンク」はありませんでしたよね。
 で、纏めサイトを作るとなると纏める人の主観や検索能力に左右されて色々と面倒なことが起こるので、レビューを書いた人が、他のレビューを書いた人の記事に直接トラバを打てば、そういう問題は発生しがたいのではないか…と考えています。

 トラバ先の記事に既にトラバが付いているようであれば、それらトラバ先にも一緒にトラバを飛ばしてもらえば良いわけで、自動的にその製品に関する「様々な見方」を一気に見渡せる環境になるはずです。

 …って、それができるほど多くの方がトラバに参加していないと意味はないのですが、色々な見方をする人が集まる(極例としては「全く反対の意見を持っている人同士の」)blogであっても、基本的には上手く意見交換ができる(≒互いのレビューが、互いの視点を補完する為に役立つ)はずだと思います。

 一人の意見は主観的なものでしかないけれども、多くの異なる視点から為されたレビューがあれば、結果としてそのレビュー群は「まとめて全部が一つの製品に対するレビュー」として機能するわけで、それらレビュー群を一纏めに読みたい人にとっては貴重で便利なリンクになるのではないかと考えています。

 好みや追求の度合い、方向性などが違っていても、基本的に「音響機器を色々と買い試している」点では共通していますから、そのまま共有できる情報もあるでしょうし、新たな発見も得られるかもしれません。


 まずは、ふと思ったことをメモとして記してみました。
 もっともこれらはほぼ全部「雑記/えもじならべあそび」での経験そのままなので、全然全く新規の考え方ではない訳ですが。
スポンサーサイト

コメント

大賛成です!

私はブログやってないので、
コメントで参加させていただきますが、
ブログやってる方々がレビュー単位でトラックバック
すれば、今までに無いリンク集かぁ~
ナイス・アイデアです!

  • 2005/06/05(日) 22:55:20 |
  • URL |
  • ためごろう #m6o9brOE
  • [ 編集 ]

大丈夫そうですね

 書いてみてふと不安になったりしていましたが(これで上手くいくかどうか…なんて、やってみないと解らないことですし…)、まずは大丈夫そうですね。

 まずは、blog側でレビューを書いてくださる方が増えて下さることを期待したいところです。
 webpageのメールと違って、blogはなぜか「意見を言いやすい雰囲気」にありますので、レビューblogは「掲示板とwebpageの間を埋めるもの」として、上手く機能するだろうと目論んでいます。

 今までROMのみ・固定ハンドルなしだった方にこそ、参加していただきたいですね。

私は「リンク」や「ブックマーク」よりは「検索」派かな…?

私は製品を買う前はひたすらGoogleで検索しまくります。最近はヘッドホンに限らず、ブログに感想を書いている人って多いのですよね。
ホームページは知識を身につけるか、ソフトを買わないと制作・運営することは難しいのですが、ブログは日記を付ける感覚ですから誰でも気楽に始められます。どんな話題でも書いてさえくれれば検索に引っかかる可能性はあります。

同等の製品を複数所有している人でなければレビューとしてはあてにならないものが多いのですが、匿名掲示板の書き込みではネタなのか本気なのか見抜くことが難しいので、参考にしやすいと思います。
また、そういう「レビューを書いた人」が別の人の記事にトラックバックを貼って「この人のレビューに対して一言いいたい」というのは補足になりますので、大いに役立つと思います。…コメントでも構わないと思いますが。

そういえば、「リンクの輪」というのがありましたが余りはやりませんでしたね。トラックバックはその敷居を下げる存在になってくれるかも知れません。

Subjectについて追記。
私は検索派ですが、「参考にしたサイト」が作ってくれたリンク集は非常に役立つので重宝しています。
何でもかんでも入っているものじゃなくて、「誰かの主観で選定されたリンク」ってその人と好みが合えば大変参考になります。
トラックバックの輪も増えすぎると、情報の取捨選択が難しくなりそうな気も…。

  • 2005/06/13(月) 20:49:48 |
  • URL |
  • T. #mbwhQQ6o
  • [ 編集 ]

トラバの整理も必要…なのかも。

 現状のトラバシステムには「自分の意見に近いかどうか」を「自分で能動的に」切り分けて表示する方法が存在しない…という点は、いわれてみれば確かに面倒なところです。
 数件~十数件ならばまだしも、数十件とか3桁台になったときのことを考えると、「トラバのうち気に入ったものについては、記事下部にリンクを転記し直す」などの処置が必要になるかもしれません。

 それ以前に、頂いたトラバのカテゴリ分け(?)が出来れば良いのですが…
 有名どころのblogにあるトラバリストを見ていると、ぐちゃぐちゃしていて見づらいですから、ああいう風になるのかと思うとちょっとばかり尻込みしたくなるかも。

 googleとblogの親和性が高い点、確かに検索するときには便利だと感じます。
 このままでいてくれれば言うことなしなのですが、最近のgoogleはblog検索結果から弾こうとする傾向がある気がして、その点がこれから少々心配です。
 (blogが悪いわけではなく、SEOとしてのblogもどきサイトが多すぎる事が原因の様ですが…対策が為されれば、本来のblogも被害を受けるかも)

 「リンクの輪」は…なかなか参加しづらいかも。
 なんというか、「こんなもので参加させていただいて良いのだろうか?」などと考えてしまうと、なかなか挙手できないですので。
 虜屋では「コメントを書きたい!と思った所には勝手にリンクを張って、後はリンクしていただいた先の方に対してこちらからもリンクを張る」という感じでした。
 鳥小屋では…たぶん、「トラバをもらったら、そのまま問答無用でリンクに転記」することになると思います^^;

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://torikoya.blog11.fc2.com/tb.php/4-2034e30b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。