鳥小屋視聴記 (aka 虜屋視聴記 ) ~ ヘッドフォンに関する好き嫌いレビューなど ~

これからヘッドフォン類を多数試用しようとしている人向けに「最短ルート」を提示すべく、レビューらしきものを作成…できるわけはありませんね。「良い・悪い」ではなく「好き・嫌い」の視点で書いてみようかと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ultrasone Proline2500の内部写真

 どうにも見た目と音がマッチせずに悩んでいたので、Proline2500のULEプレートを外して写真を撮ってみました。
 以前Fostex/T-50rpについてもアンマッチで悩んでいて、分解して仕掛けを見てからはその違和感が無くなった…という事がありましたので、もしかするとProline2500についても「開ければ解る」のではないかな、と言う気がしたものですから。


 ※写真をクリックすると、幅1024pxに拡大して表示されます。


Ultrasone Proline 2500 内部写真 発音体とダイオード

 一枚目、発音体とダイオード部を撮影。


 ダイオード部の接続はカソード同士を撚り合わせて、一方のアノードをグランド側に・もう一方のアノードをシグナル側にと接続した物となっています。
 ESD保護用ツェナー・ダイオードっぽい気もしますが、実際にどういうモノを使っているのかは不明です(テスタを当てて図ってみましたが、ダイオードであるということ以上の発見はありませんでした)。
 実際の挙動としては「過大入力があった場合に、超過電圧をダイオード経由でグランドに落とす(ハードクリップさせてでも、大きすぎる音を音声として出力しない)」あたりだと思うのですが、過大入力がない場合に音質に与える影響があるかどうかについては不明ですね。
 まずは「耳を過大入力から守る」という意味では確実に役立ちそうで、この点は好感を持てて良い感じがします。


 次は発音体部。
 発音体の裏にはいくつも穴が開いていて、通常のヘッドフォンでは全ての穴から振動膜が見えます。
 が、Proline2500の場合はほとんどが白い繊維状のシートによって疎にふさがれていて、穴一つ分だけが完全解放となっています。
 外見からは完全解放に近く見えるProline2500が、なぜ開放型に見えるのに(密閉型に近い)豊かな低音を出せるのか?という理由が、このあたりに見て取れるというのは面白いですね。
 実際「見た感じと音が違う」というギャップがあって困っていたのですが、これを見て「ようやく見た感じと音のギャップが無くなった」気がしました。
 発音体の近くでは半開放型・その裏は全開放型…というのが、Proline2500の帯域設計に深く関わっているようです。
 この構造を見ると、Proline2500に関しては「全開放型」ではなく「半開放型」と説明する方が、より正しい説明が可能なのかもしれません。
 全開放型でこの音は嘘だろ~とか思う人がいたならば、そのカンはまさに正しい、ということで。わたし自身は、これを見てようやく「ああ、だからこういう鳴り方をするのか。」と納得できました。


 Ultrasone Proline 2500 内部写真 発音体とダイオードとコネクタ裏

 ついでにコネクタ裏も含めて撮影してみました。
 こちらは…特に大きな発見は無し。


 役に立つかどうかは不明ですが、とりあえずこんな感じで。

Ultrasone Proline 2500 と Fostex T-50rp の比較をしてみるテスト。

 当家にはそもそも「真っ当な比較環境」がある気がしていないので、とりあえず手元環境で出来うる、とりあえずまともそうな方法を採ることにしてみました。

 CDT:ノートPC (Toshiba Dynabook C8/213LMEW)
   (↓USBパスパワード接続)
 DAC:ONKYO SE-U55X (クロック精度はPCに依存)
   (↓市販の無名RCAピンケーブル)
 HPA:AudioTechnica AT-HA20 (手製ターミネータなし)
   (↓ヘッドフォン付属のケーブル)
 HP:Ultrasone Proline 2500 + 付属変換アダプタ
 HP:Fostex T-50rp

 


 まずは前回問題として書いた「AudioTechnica AT-HA20」のノイズに関する件について。
 上流機器をノートPCの「ヘッドフォン出力」とするよりも、DACのONKYO SE-U55Xを用いる方が、(当然ながら)ノイズはかなり少なくなりました。また、(ある意味予想通りなのですが)例の「手製ターミネータ」を用いても、今回環境でのノイズを減らす効果は得られませんでした。

 しかしながら、この構成でも可聴帯域のホワイトノイズは乗ったままとなってしまいますね…ONKYO SE-U55Xの電源を切ったままで接続した状態では、AudioTechnica AT-HA20を単独(端子解放まま)にしたときと同じく静かな状態でしたから、機器の組み合わせなどが原因なのかもしれません。
 両者の公称S/N比は次の通りです。
  ONKYO SE-U55X…S/N比110dB(LINE OUT)
  AudioTechnica AT-HA20…90dB以上(JIS-A)
 単純に考えるわけにはいかないところはありますが、少なくともヘッドフォンアンプ側のノイズが目立って聞こえている…という事は、間違いなさそうです。
 表題のヘッドフォン2点を使用する限り、フルボリウム状態では両方ともにノイズを聞くことが出来ます。唯一の救いは、ボリウムを絞れば絞った分だけホワイトノイズも減る(常時出るノイズはかなり少ない)ことですね。
 もちろん、ノイズがよく聞こえるのはProline2500の方なのですが、T-50rpを用いたとしてもノイズが聞こえること自体に変わりはありませんので、この組み合わせでノイズを減らそうとすると、「ホワイトノイズが聞こえなくなるまで、ボリウムをそれなりに絞る」しかなさそうです。
 (私の場合は)フルボリウムで演奏することなどあり得ませんから、実用的には問題ない気もします。

 


 Ultrasone Proline 2500 と Fostex T-50rp の違いを表現しようとすると、一番の違いは「音源に対する近さ」なのかもしれません。

 Ultrasone Proline 2500 は高音域も低音域もハッキリと強調されていて、開放型にありがちなスカスカとした感じがほとんどどありません。
 ちょうど、マイクを設置するべき位置に、マイクスタンドの替わりにに自分が立って聞いているかの様な、そんな印象すら受けるバランスだと感じます。
 マイクを何本も立てて、ミクサでアレコレ弄っているソースを聴くよりも、ダミーヘッドなりステレオマイクなりで録音しているものを聴く方が、より良さそうです。

 ソースをそのままで、もう少しおとなしめに聴きたい…という場合は、DolbyHeadphoneを使うという手もありそう。
 (DH自体は、DVDソフトウエアプレーヤと、ヘッドフォンアンプの一部に対応品がありますね)
 PCM2chソースにおけるDHは、ほんの少し高音域を少なくする効果があるようにも思いますが、私にとってはこれでもまだ少々きつめに感じます。
 一方で、Dolby5.1chトラックの様に「音質悪め・高音域少なめ」のソースをDHに通して Ultrasone Proline 2500 で聴くと、これが結構しっくり来ますね。
 DH対応環境と Ultrasone Proline 2500 を持っている方(…っていらっしゃるかどうか不明ですが)には、一度試していただきたいかも。




 さて、対象機器としている Fostex T-50rp ですが…こちらは何度か書いている(?)通りに、低音域も高音域もダラ下がりです。
 音質については Ultrasone Proline 2500 と比べるべくもなく…という感じですので割愛するとして、 Fostex T-50rp は音源から1m程度離れた感じのバランスで鳴っているといったところでしょうか。
 もちろん「頭内定位のくせにそんなバランスで鳴っている」のですから、違和感はかなりあるわけですが、刺激的な音が好みでない人には、この方が向いているかも…と思わせる部分があります。




 装着感ですが…どちらも長時間装着していると、頭頂部に痛みを感じるほどに重く、頭側部に感じる圧迫感も強いです。
 両者ともに、もうすこしヘッドバンド周りを軽く作ってあればかなり良い線を行っているはずなのですが…少なくとも、 Sennheise HD590 くらいには軽くして欲しいな、というのが正直な感想で。

 Fostex T-50rp の側圧に関しては、張り切ってヘッドバンドに力を加えてやれば、ゼロ側圧にすることも可能です。低音の逃げる量と相談しながら、適当に曲げてみるという手も。
 同じく頭頂部に掛かる圧力に関しては…重みを分散させればいいので、これは(見た目がやばくならない程度に)ヘッドバンドにエアパッキン(梱包用のプチプチ)を巻き付けるなり、スポンジなどを固定するしかなさそうです。
 どちらも対症療法でしかない点は悔しいのですが、何もせずに辛いままで聴くよりは良いかな…ということで。

 


 …と、結局またレビューになっていない気がしますが、ひとまず。

Proline 2500 初期メモ。

メーカーさんの商品解説ページはこちらです。
http://www.timelord.co.jp/ULTRASONE/PRO2500.html


 耳エージングをせずに済ませようとする場合、初期エージングは連続して約半月…おおむね360hr以上必要。
 実試聴5時間程度で慣れるためには、これくらい待たないとダメだと思います。

 手元ではとりあえず音楽とホワイトノイズで半々くらいをエージング期間中に使用しました。
 市販のバーンインCDの方が良いと思うけど、PCで出す類のホワイトノイズならばとりあえずは代用できると思う(けど、検証はしていない。FMのホワイトノイズでは帯域が狭く、高音領域のエージングが進まないかも)。

 ちなみに、エージングが進んでも「Toshiba Dynabook C8/213LMEW 内蔵ヘッドフォンアンプ」での高音域音量過多は直りませんでした…というか、アンプ自体の「表現の荒さ」が必要以上に出てしまう。
 安物アンプに対する厳しさ、という視点で見ると、Sennheiser/HD600やEtymoticReserch/ER-4(これらは相手が悪いアンプであっても、悪いなりに素直に鳴ってくれた)よりも、よほど許容範囲は狭い気がします…なぜだろう。



 【S-Logic】
 モノラルチャネル(センタ寄りの音源)に関しては、しっかり頭内定位してます…。定位位置が耳同士の中間(従来機)か、あるいはこめかみ同士の中間(S-Logic)か…という程度の差。
 これは見事に期待はずれ。装着位置をハウジング内で色々試してみたが、頭内のいろんな所で定位するだけで、頭外定位にはならない様子です。
 一方で、片チャネルのみが鳴る音源に関しては、耳元ではなく頬のあたりで鳴っている感じ。

 発音体にもっとも近づいて聴くと「エージング後であってもキンキンとうるさい」が、発音体から可能な限り耳を離す位置で聴く限りは良いバランスで鳴っている気がする。低音の音量もかなりある。

 喩えづらいけれども、「同軸2wayスピーカを耳元近くに置いて聴いている感じ」かな。
 T50RPの「比較的チープなスピーカで聴いたときの帯域バランスと似ている」という印象とはまるで正反対。
 HD590を「元気に鳴っていた」と表現するならば、Proline2500は「張り切って鳴らしている」なのかも。

 よく通る音だとは思うけれども、これなら「張り切る必要がないなら、結局STAX/ClassicIの方が良いかも…」なんて思ってしまう。

 DCアンプ、もしくはもっと高級なアンプで聴いた場合の評価については、正直言って資材がないので語りようがないです…。

 で、これを聴いた後にMonitor10Rを聴いてみると…うわ雑ですな、特にボーカルが(というか全体的に)。
 ただ、音の帯域だけを聴くと…別にこれでも良い気はする。というか、あまり差がわからんのです。求められる性能はクリアしてるんだな~などと、妙に納得してみたり。

 最後に(一旦Proline2500を聴き直してから)Fostex/T-50rpにしてみると…うわっ、ボーカルとその付近しか聞こえない(汗)
 耳エージングの驚異を思い知らされた感じ。
 (…と、聴力が戻るまでに5分くらい掛かってしまうので、ちょっとそのままにして聴いています)

 いい音で聴きたいならば、確かにProline2500(と真っ当なアンプ)の組み合わせは正しい選択肢だと思います。
 ただ、それが「耳にとってよいか」という話になると微妙です。 ヘッドフォン好きな人(音量が聴力に与える影響に関する知識を、多少なりとも持っている人)に薦めるならば、これはかなりいいと思います。
 一方で、聴力の特性に関する知識を全く持たない(必要以上にボリウムを上げて聴こうとする)人に、いきなりこれを薦めることができるか?と聞かれれば、(ER/ER-4Bと同じく)私は絶対に薦めません…聴力を害してしまったとしても、責任の取りようがないですから。

 音質そのままで、Fostex/T-50pr並に高音・低音の音量が低い機種が出てくることを期待しつつ、あえて苦言を呈してるテスト…ということで。

 (…って、メモでここまで張り切ってどーする>私)



 【ULE】
 (非ULE用のプレートが付いてこない以上は)聴き比べなどできるわけはないので、記述するべき事は無し。
 聴取時に汗をかいてしまった場合は、パッドを外してULEのプレートを拭いてあげてください。裏側はいざ知らず(バラしたら補償はなくなると思う)、せめて表から見える部分だけでも拭かないと。
 



 【今日の使用プレーヤ】
 Pioneer DV-353
 Toshiba Dynabook C8/213LMEW なんの変哲もないノートPC

 【今日の使用アンプ】
 Audiotechnica AT-HA20
 Toshiba Dynabook C8/213LMEW 内蔵ヘッドフォンアンプ

 【今日の基準ヘッドフォン】
 Fostex T-50rp
 Stax Lambda nova classic I (イヤスピーカのシステム)

 【今日のソースCD】
 手持ちのもので適当に。
 ・バイノーラル録音CD(エアリーさんとこで購入、Newport Classic ; NCAU10010)
 ・ガラス楽器音楽(中古、Victor ; VDR-25122)
 ・試聴用CD(貰い物、Technics)
 ・その他、ポップスとか。
 ・ポップス

「メモ」 NIRO Vr05M-02 for NIRO REFERENCE

 ええと…だいぶ前に購入した気がする3ピース・ホームシアターシステムのNIRO REFERENCE(過去レビュー)について、バージョンアップ(Vr05M-02)後のメモを書いておこうかと。
 (というか、この先もたぶん「メモばっかり」になりそうな予感が^^;)


 今回のバージョンアップでは、(今まで2ch再生では使われていなかった)フロント・リアイメージ用スピーカも使って「より広がりのあるステレオイメージの再生を目指した」点が、もっとも大きな特徴…なのかも。
 ただし、元々箱鳴りのせいで「少しこもった感じの音は漏れていた」だけに、それをかき消す程度の音を混ぜたらだいぶイヤな感じになるのではなかろうか…という心配がありました。
 何しろ、コイツに元からあったProLogicII(フロント・リアイメージも使う)モードは「そこにスピーカの存在感があることをはっきりと示していて、聴いていて気持ち悪い」代物でしたから(注:私、こういう「ここにスピーカがありますよ!」と言わんがばかりの表現って、嫌いなんですよ…2ch環境でも音の広がりなんて無視して内向きセッティングにしてますし)、まさかバージョンアップで「そんな状態でしか聴けない」事態になってしまうのか…と、ちょっと心配になっていました。

 で、実際にやってみたところ…ちゃんとNewVerとNormalが切り替えできるようで、ひとまず安心した次第で。
 (これでNormalが使えなくなった日には、たぶん窓から投げ捨てていただろうな~…いや、やっぱりシンプルなモードって捨てがたい魅力がありますし)


 まだサラウンドソースで聴いたことはないので、全体的な評価はできそうにもないのですが、ひとまず2chソースで気づいた点について。

・とにかく騒がしい感じ。
 ここはどうにも…慣れるまでに時間が掛かります。
 元々部屋の角に置いていて、ステレオ感の狭さに嫌気がさしていたような人には良いのかもしれませんが…うーん、幅1m以上取れている様な環境だと、すんなり「良くなったね」とは言えない気もします。なんというか…リアイメージの音が遅れすぎなのかな。
 ※後日追記:この問題は解消されています(事後記事を参照)

・PL2の高音部をカットしただけ、かも。
 実際にはもう少し乖離具合は少ないのですが、ぱっと聴いた感じでは「PL2にローパスフィルタでも通したのかな?」という位に聞こえるわけで。
 高音部が無い分、スピーカの存在感は目立ちません(当たり前だってば)ので、PL2と比べればだいぶマシにはなっていますね。

 うーん…でも、一概にNewVerが良いとは言い切れません。
 もっとも、JPOPを聴いただけですから、他のソース(バイノーラル録音のやつとか、もう少し録音段階で弄っていない古いCDとか)を試してみないと、本当のとこは解りませんけれども。


 あっ、とりあえずNIRO SPA(プロセスアンプ)用にピッタリかも…というプレーヤを買ってみました。
 メムテック/MDP1600、6,800円(@yodobashi.com)、電源はACアダプタ式。
P1040618_500.jpg

 サイズはピッタリ!でもリモコンコードは全然合わないっぽい…
 そもそもMEMTEKってどこですか、と。MEMOREXのコード(136)では通らないのですが(ioi)。
 しかも、これの電源を入れているとTV側のFM受像にノイズがかなり乗るし…毎回主電源を切らなきゃダメか。
 #というか、画質悪すぎ(ブロックノイズ多すぎ)だろこれは…買わうべきではないなorz


 アアドウスレバ…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。